メニュー

加藤自動車販売のフォークリフト特定自主検査:特自検査、整備のご案内

加藤自動車販売のフォークリフト修理

フォークリフトの特自検査と各点検

  • 特定自主検査(特自検査)
    事業者は1年に1回、不整地運搬車は2年に1回定期的に実施の必要があります。
  • 月例点検
    1ヶ月に1回定期的に実施する点検です。事故につながるリスクや資産価値のを維持していくためにも必要な点検です。
  • 始業前点検
    日々の始業前に行う点検です。日々の作業の効率化の為、点検票や方法等ご相談ください。
    上記全て労働安全衛生法によって法定の一環とされて事業者へは義務とされています。未検査などは罰則対象となります。加藤自動車販売では日数も管理し、時期のご連絡なども行っています。

フォークリフト修理について

 フォークリフト修理:茨城県坂東市加藤自動車販売
  • タイヤ周り
    パンク、ノーパンクタイヤのすり減りなど
  • バッテリー関連
    充電されない等の不良、バッテリマークの点滅、減りが早いなど
  • オイル関連
    床にオイル染みが出来る、シリンダーやホースからオイル漏れなど
  • エンジン関連
    オーバーヒート、かかりが悪い、エンストなど
  • 作動不良関連
    フォークの上下動作不良、ティルト保持不良、チェーンのたるみなど
  • ブレーキ関連
    サイドブレーキの利きが甘いまたは利きが悪い等
  • 電装品関連
    ヘッドライトの玉切れまたは不良、ホーン不良など

フォークリフトの車検

  • ナンバー登録しているフォークリフトの車検にも対応できます。指定整備工場なので整備後の完成検査もきっちり行います。
  • 積載車にて運べない規格でも回送業者への代行業務も行っていますので車検の際もご安心してお任せください。また回送のみのご依頼などにも対応しております。お気軽にご相談お問い合わせください。

安全装置ドライブレコーダーの取り付け販売

近年フォークリフトへのドライブレコーダーの取り付けも増えて参りました。加藤自動車販売では販売や取り付けご要望に合わせて承っております。
フォークリフトのご利用状況やお客様のご要望に合わせて配線など設計も行っております。カメラキットのみでの販売も可能です。お気軽にお問い合わせください。


特定自主検査(特自検査)内容と料金

特定自主検査では下記の項目を異常が無いかなどを確認し行ってまいります。

【異常有無検査箇所】
圧縮圧力、弁すき間、その他原動機、ディファレンシャル、プロペラシャフト,その他動力伝達装置タイヤ、ホイールベアリング、その他走行装置、かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アーム、その他操縦装置、制動能力、ブレーキ、ドラム、ブレーキシュー、その他制動装置、フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイール、その他荷役装置油圧ポンプ、油圧モータ、シリンダー、安全弁、その他油圧装置、電圧、電流、その他電気系統
車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置、計器など
    【料金】
  • 2t未満 ¥45,000-
  • 2t~4t未満 ¥52,000-
  • 4t~7t未満 ¥75,000-
  • 7t~10t未満 ¥95,000-
  • 10t以上 ¥160,000-
  • ショートパーツ ¥2,000-
  • 事務手数料 ¥2,000-
あくまでも目安です。車両や状況によって異なりますのでご相談ください。

月例点検内容と料金

月例点検では下記の内容の異常の有無など確認して行います。

【検査箇所内容】
制動装置、クラッチ、操縦装置、荷役装置、油圧装置、ヘッドガードバックレストなど

    【料金】
  • 2t~4t未満 ¥5,000-
  • 4t~10t未満 ¥8,000-
  • 10t以上 ¥15,000-
  • ショートパーツ \2,000-
  • 出張料 ¥5,000~(距離によって異なります)

検査、修理、メンテナンスの出張サービス

お客様のご要望に応じて出張にてサービスを行っております。ご対応エリア以外の場所や日時によってもご相談、ご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。出張の場合も専門熟練スタッフがご対応は変わりませんのでご安心ください。